鍵のトラブルと対策|防犯カメラで犯罪を録画することによるメリット!
防犯net

鍵なくした、などの鍵トラブルを解決しよう

鍵のトラブルと対策

鍵

鍵の役割

最近は治安の良いと言われている日本でも、凶悪犯罪が増えてきており、泥棒や強盗などに対する防犯意識が高まってきています。鍵の他にも防犯グッツも増えてきました。しかし鍵は、部外者が住まいに侵入することを防ぐための最も基礎の部分です。玄関だけでなく、裏口や勝手口、窓についており、住人の安全を守っています。

鍵の紛失

小さな鍵はいつの間にかなくなっているといったことが多いと思います。ほとんどの人は外出時はずっと持ち歩くため、鍵なくした経験をしたことがありますよね。鍵をなくしやすい場所は、玄関やカバンの中の身近なところから、トイレで用を足している時に落としてしまうことが多いようです。鍵をなくした場合は、トラブルに巻き込まれやすいのですが、管理会社や大家さんに早めに連絡することで迅速にトラブルを回避することができます。

車のインロック

最近多いのは鍵のインロックです。最近の車はボタン一つで鍵を閉めることができるので、鍵を車内に入れた状態でドアを施錠してしまうことが多いようです。また、バイクの場合もメットインに鍵を入れた状態でインロックしてしまう事例もあります。昔の車ならこじ開けることで解決できましたが、最近の車は防犯性が高まり、鍵を開ける業者を頼まなければ開けることはできません。しかしその場合は身分証明書の提示を求められるため手間が掛かります。

安全な鍵ランキング

no.1

ディンプルシリンダー錠

戸建てやマンションなどに多く使われており、一般的なピンシリンダーがより複雑化したものです。ピンが複数の方向から刺さっており、本数が多いことからピッキングに強い造りになっています。特徴は表面のぼこぼこしたくぼみです。ピッキングがしにくい造りになっているため、最も安全な鍵として人気があります。

no.2

ロータリーディスクタンブラー錠

ディンプルシリンダー錠の次に安全性の高い鍵です。外筒と内筒を貫く部品とタンブラーが別々になっており、中間の部品の役割をしているのが特徴です。日本では住宅にのみ利用されています。スペアキーを作る際も正確に作らないと利用できないほど防犯性が高いのがロータリーディスクタンブラー錠の魅力です。

no.3

マグネットタンブラーシリンダー錠

マグネットタンブラーシリンダー錠は鍵の側面にマグネットを埋め込んだ鍵です。S極とN極の配列がぴったりと揃わなければ空かないので、防犯性が高いです。鍵穴にピックを入れても磁石を動かすことができないので、ピッキングは100%無理です。しかし、マグネットの磁気が弱まることなどのデメリットが多い為三位です。

no.4

ピンタンブラー錠

ピンタンブラー錠は戸建てやマンションやロッカーなどで一番多く利用されている鍵です。タンブラーの形が一列に並んだぴん状になっているのが特徴です。ピッキングされにくいように最近では改良されていますが、防犯性は一位や二位に比べたら低めです。補助錠を使用することによって防犯性を高めることができます。

no.5

ディスクシリンダー錠

住宅で一番利用されている鍵はディスクシリンダー錠です。普及当時は防犯性が高く、人気がありましたが、現在ではピッキング犯からおもちゃと呼ばれる程簡単にピッキングされてしまう鍵です。また、鍵がすり減ったりホコリなどが入ったり、劣化が激しいので鍵穴にも負担がかかってしまいます。

広告募集中